北斎の風景画の大作、肉筆画の傑作を一挙公開!秋は北斎館へぜひ!2018年9月16日

小布施にも秋の空気が漂ってきました。
空気も秋らしくひんやりしてきましたね。

北斎館では昨日から新しい企画展、
「北斎VS北斎 冨嶽三十六景×富嶽百景」を開催しております。

オープン初日から大勢の方々にお越しいただいていますよ!
日本全国、東北や九州、沖縄の遠方から、
外国はポーランド、アメリカ、フランスなどからのお客様も!

実は北斎館、館内に日本地図と世界地図のパネルを置き、
「どこからお越しくださいましたか?」とお聞きしています。
その場にあるピンで自分の県や国をさし、どこから来たかを記してもらっています。

みなさん遠方からお越しいただいているんですね~!
とても嬉しいです。ありがとうございます。

◇◇◇

北斎館の只今の企画展の魅力は、
北斎の風景画の大作、「冨嶽三十六景」と、「富嶽百景」
そして、北斎が晩年に描いた肉筆画の傑作を多数展示しているところです!

「富士越龍」をはじめ、「菊」の双福や「白拍子」など、
北斎が一筆一筆描いた貴重な作品をご覧いただけます。

みなさまぜひ秋の北斎館へお越しくださいね。
お待ちしております。

学芸員のAでした。

カテゴリー: