画狂人葛飾北斎の肉筆画美術館

  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館

企画展Exhibition

北斎VS北斎 冨嶽三十六景と富嶽百景 Ⅱ

北斎VS北斎 冨嶽三十六景と富嶽百景 Ⅱ

【会期】2019年11月16日(土)~2020年1月19日(日)

昨年度に続く葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」『富嶽百景』展の第2弾。2020年、日本のパスポートに北斎の「冨嶽三十六景」のうち24図が使用され、また2024年度から新紙幣のデザインに採用されたことから、北斎は近年改めて注目が集まっています。
 北斎70代前半、読本や絵手本など多様なジャンルを経て次に着手したのが錦絵の世界でした。中でも特に傾倒したのが霊峰、富士山を主体としたシリーズであり、その代表作が海外でも高い評価を得ている「冨嶽三十六景」です。
 本展では、北斎の代名詞ともいえる「冨嶽三十六景」と『富嶽百景』の対比をご覧いただきます。また2020年より発給される「冨嶽三十六景」デザインの旅券レプリカなどを紹介し、世界に開かれた北斎文化をご紹介します。前北斎為一と画狂老人卍、両者の対峙をぜひご覧ください。

詳しく見る

常設作品を知るCollection

小布施と葛飾北斎について

江戸の浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)は九十年の生涯で、代表作の「富嶽三十六景」をはじめ、多くの錦絵、絵本、肉筆画などを制作しました。
天保13年(1842)、83歳の頃に初めて信州小布施を訪ねます。そのきっかけは、天保の改革によって江戸で制作が制限されたとも、地元の豪農・豪商の高井鴻山(1806-1883)の招きに応じて訪れたともさまざまな説があります。

詳しく見る