画狂人葛飾北斎の肉筆画美術館

  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館
  • 信州小布施・葛飾北斎肉筆画美術館 北斎館

企画展Exhibition

ジャポニズムの源流 北斎漫画

ジャポニズムの源流 北斎漫画

【会期】2020年6月20日(土)~8月30日(日)

ジャポニズムという言葉をみなさんはご存じですか。ジャポニズムとは19世紀後半ヨーロッパの国々で巻き起こった日本ブームのことで、今から200年ほど前にオランダやフランスを中心に巻き起こりましたが、この大きなブームのきっかけとなったのは、北斎が描いた『北斎漫画』だったといわれています。
 この展覧会ではジャポニズムのきっかけとなった『北斎漫画』の中から様々なジャンルの絵をご紹介すると同時に、『北斎漫画』に影響された画家たちの作品資料もご紹介します。日本とヨーロッパをつないだ『北斎漫画』の世界をどうぞお楽しみください。

詳しく見る

常設作品を知るCollection

小布施と葛飾北斎について

江戸の浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)は九十年の生涯で、代表作の「富嶽三十六景」をはじめ、多くの錦絵、絵本、肉筆画などを制作しました。
天保13年(1842)、83歳の頃に初めて信州小布施を訪ねます。そのきっかけは、天保の改革によって江戸で制作が制限されたとも、地元の豪農・豪商の高井鴻山(1806-1883)の招きに応じて訪れたともさまざまな説があります。

詳しく見る

メールマガジン登録e-mail newsletter

北斎館からの葛飾北斎に関する特集記事、限定キャンペーンなどの情報配信を受け取りませんか?