天に昇る龍が表すものとは | 信州小布施 北斎館

天に昇る龍が表すものとは2021年9月8日

 2021年9月4日(土)より、北斎館で企画展「北斎 視覚のマジックⅡ 北斎館所蔵名品展」が始まります。
 この企画展は、昨年開催された「北斎 視覚のマジック」展の第2弾。前回の企画展では展示しきれなかった作品も含め、北斎館の名品の数々が登場します。


 今回の展示作品の一つが、「富士越龍」という作品です。北斎がその生涯の中で繰り返し描いてきた富士山が描かれています。雪に覆われた富士山の向こう側には、黒い煙のような雲。その雲の中を、龍が天に昇っていこうとしています。


富士越龍


 作品に残された落款から、この作品は、北斎が亡くなる年に正月の書き初めで描いたことがわかります。この作品を描いたときの北斎は、なんと90歳。北斎の最晩年に描かれた貴重な肉筆画であり、北斎の衰えることのない画力を感じることができる作品です。

 年齢を重ねてもなお、貪欲といってもいいほどに絵の世界を探究し続けた北斎。天に昇る龍は、さらに高みを目指したいという北斎の気持ちの現れだったのかもしれません。

 今回の企画展は、北斎館が長年にわたり保管してきた貴重な作品の数々をご覧いただくまたとない機会となります。ぜひお楽しみください。


「北斎 視覚のマジックⅡ 北斎館所蔵名品展」
▼会期:2021年9月4日(土)~11月14日(日)まで
▼開館時間:午前9時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)
▼入館料:大人1,000円、高校生500円、小中学生300円
▼休館日:なし

※こちらのコンテンツは、メールマガジンの内容を再編集してお届けしております。

カテゴリー:展覧会について

メールマガジン登録e-mail newsletter

北斎館からの葛飾北斎に関する特集記事、限定キャンペーンなどの情報配信を受け取りませんか?