企画展「北斎 デザインの世界」明日開催!2020年4月3日

お久しぶりです、学芸員のWです。

いよいよ明日、企画展「北斎 デザインの世界」が開催となります!(2020年4月4日~6月14日まで!)

 

今回の企画展の見どころは、大きく分けて二つあります。

まず一つ目、企画展示室1では、「北斎はなぜ多くの魅力的なデザインを生み出せたのか」をテーマとした展示を行っています。

例えばこちら。

(『北斎漫画』より)

背の低い竹からすらりとした竹など、様々な竹が描かれています。葉の形や節の様子の描き分けがされています。

次にこちら。

(『今様櫛きん雛形』より)

「くれたけ」と「わかたけ」が櫛にデザインされています。同じ「竹」から色々なデザインを生み出せるのは、北斎の観察眼と描写の力と言えるでしょう。

このように、企画展示室1では、北斎の残したデザイン集『今様櫛きん雛形』はもちろん『北斎漫画』をはじめとしたデザイン以外の作品も展示し、それらをあわせて見ることで、北斎のデザイン力を探っていきます。

 

 

二つ目の見どころは、企画展示室2「時代を越えて広がる北斎デザインの世界」です。

ここでは、北斎の弟子によるデザインや、北斎の『新形小紋帳』に影響を受けて創作された、現代のデザイナーたちによる版画作品集などを展示します。

中でも私が特に推したいのはこちら!

 

 

屋代南高校(長野県千曲市)ライフデザイン科ファッションデザインコースの学生さんたちが、北斎の作品をモチーフに制作した衣装です!

どの作品にも様々なアイデアが散りばめらていて、とても見応えがあります。

細部までこだわって作られているため、見るたびに新たな発見があり、とても楽しいですよ!

私の撮影技術では魅力を十分にお伝えすることができておりませんので、皆様にはご来館の上、実物を隅々までご覧いただきたいです!

会期中にコロナウイルスが落ち着いたらいいなぁ。

カテゴリー:学芸員のつぶやき

メールマガジン登録e-mail newsletter

北斎館からの葛飾北斎に関する特集記事、限定キャンペーンなどの情報配信を受け取りませんか?