ミュージアムショップ・夏の新商品をご紹介(パート2)2020年8月8日

再び登場、学芸員Nです。

前回ご紹介した夏の新商品の第2弾です。

早速始めましょう。

 

まずは京都絹織物の老舗、亀田富染工場(パゴン)さんの商品です。

当館とパゴンさんのコラボ企画、上町祭屋台天井絵「男浪」を使った商品はすでにご紹介済です。

シルクやコットンのアロハシャツ、タートルネックやダウンシャツなど種類はどんどん増えています。

そして今回は「Uネック半袖Tシャツ」がネットショップに登場しました。

滑らかな肌触り、鮮やかに映える蒼は着るのがもったいないぐらいです。

個人的なお勧めポイントは上下に配された白い波、全体のアクセントを強調してくれています。

なんだか日本代表のサッカーチームに似てなくもないか…な?

パゴンさんの商品は当館館長がテレビ出演した際にときどき着用しています。

美術番組などで探してみてください。

 

パゴンさんのご紹介はもう1点あります。

それが浪の模様を全展開した日傘です!

先日、テレビを見ていた時に夏は日傘がとても便利と紹介されていました。

猛暑が続く夏ですから熱中症対策は基本、それ以外にもソーシャルディスタンスが求められる昨今、傘が適度な距離を測る道具として着目されているのです(*^▽^*)

この日傘はパゴンさんの技術を生かして滑らかな表面、軽い素材、握りやすい取っ手で実用性の高い商品に仕上がっています。

入荷数はわずかですのでネット限定としています。

早い者勝ちでお願いしますm(__)m

 

商品代わり、お部屋を飾る掛軸のご紹介です。

かねてよりご要望の多かった商品、肉筆画「菊」を題材とした掛軸がついに完成しました。

こちらは北斎晩年88歳の作にして極彩色あふれた逸品、北斎館でも人気に高い作品です。

実物は双幅ですが、1本にまとめて一同にご覧いただける仕様となっています。

これがお部屋に飾られていたら、一気に華やかさが増すことでしょう、想像してみてください。

もちろん、他にも掛軸を販売しており一番人気はやはり「富士越龍」ですね(*´▽`*)

さて、この「菊」がどこまで切迫できるか?

こちらは店舗販売は準備中で、いまのところネット限定商品となります。

 

以上、新商品のご紹介でした。

商品の販売状況を見ていると、やはり社会状況やwithコロナの影響が出ているのを実感します。

エコバックが人気の一方、海外旅行が難しくなったのでパスポートケースが少し落ち着いてしまいました。

今なら在庫有り、先を見据えて事前に準備するのもアリですね。

北斎グッズが増えて探すのが大変な方は、バーナーの「〇〇特集」をご覧いただければ、テーマに沿った商品を探すことができるのでお勧めです。

 

ではでは、また次のご紹介をお待ちください。

カテゴリー:学芸員のつぶやき

メールマガジン登録e-mail newsletter

北斎館からの葛飾北斎に関する特集記事、限定キャンペーンなどの情報配信を受け取りませんか?