企画展「多彩・繊細 摺物の世界」開催中!2020年2月7日

お久しぶりです、学芸員のWです。

小布施は急に冷え込み、昨日は少し雪が降りました。

皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

 

さて、本日は、現在開催中の企画展「多彩・繊細 摺物の世界」のお知らせをしたいと思います。

「摺物」とは、江戸時代に裕福な商人などの中で流行した、高価な木版画のことです。

お正月や春の節句など、季節の節目に仲間内で配られました。

今で言うならば年賀状のようなものでしょうか。

摺物は販売を目的として作られるものではなかったため、採算を度外視した豪華な作品が生まれることとなりました。

当時の人気絵師に作画を依頼し、腕のいい彫師や摺師に制作を依頼していたといわれる摺物は、繊細で高度な技術が多く用いられています。

例えばこちらの「夢見る女」、画像では分かりにくいですが、着物や花の部分が少し光っています。これは、光に反射してきらきらと光る雲母粉(きららふん)を使った「雲母摺(きらずり)」という技法が用いられています。

髪の毛の部分などの彫りも細やかで、当時の彫師や摺師の技術の高さが窺えます。

 

この他にも、本企画展ではきらびやかな作品が多数展示されています。

実物をご覧になると、摺物の美しさをよりお楽しみいただけるかと思います。

寒い日が続き、お出かけするにも中々大変な時期ではありますが、当館の所蔵する貴重な摺物がたくさん展示されていますので、是非見に来てください!

 

カテゴリー:展覧会について

メールマガジン登録e-mail newsletter

北斎館からの葛飾北斎に関する特集記事、限定キャンペーンなどの情報配信を受け取りませんか?