新しい展覧会はじまりましたよ!2018年6月17日

みなさんこんにちは。 学芸員のAです。

新しい企画展「面白すぎる!!北斎漫画の世界」が開催しました!

葛飾北斎の描いた絵手本『北斎漫画』は、江戸時代大変な人気を博しました。
ヨーロッパで巻き起こったジャポニズムは、なんとこの北斎漫画がきっかけだったといわれています。

遡ること鎖国時代。日本はオランダを唯一の貿易相手にしていました。
当時の日本は、オランダへ陶磁器を輸出する際、クッション材の代わりにして北斎漫画を送っていました。

(現代でも引っ越しなどでも読み終わった新聞紙を丸めて使いますよね。そんな感じだったのでしょう。)

海を渡った北斎漫画は、当時のヨーロッパの人々に注目されはじめます。

次第に印象派の画家たちが大きな関心を持ち、自分たちの絵に日本らしさを取り入れて絵を描くようになりました。
その風潮は、ジャポニズムとしてヨーロッパに広がっていきました。

西洋の画家たちは今まで見たことがなかった北斎の絵の構図やデザインに感銘をうけたんでしょうね。

そんな北斎漫画の中には、植物や動物、風景はもちろん、
思わず笑ってしまうような面白い絵があったり、不思議なものもたくさん描かれています。

この「面白すぎる!!北斎漫画の世界」展にきて、面白い北斎の絵を見つけてくださいね。

みなさまのお越しをお待ちしております!


カテゴリー:展覧会について