男浪・女浪

上町祭屋台天井絵「怒涛」図の「男浪」「女浪」二面と屋台の装飾は、弘化二年(1845)から翌三年にかけて北斎によって制作された。怒涛図の四周を彩る縁絵は、北斎の下絵を基に鴻山が彩色している。
男浪図 額絵部分
男浪図 額絵部分