掛軸 | 北斎館 ネットショップ SHOP OF HOKUSAI | 画狂人葛飾北斎の肉筆画、版画、浮世絵のグッズを多数販売
  • PO-006c
  • PO-006c
  • PO-006c
  • PO-006c

こちらの商品は
小布施町ふるさと納税 返礼品に指定されています。
※「B:白拍子」「E:富士越龍」の2柄限定になります。




北斎館で展示している肉筆画の人気作品を掛軸にしました。

 

 

扇面 桔梗 図 解説

 

扇面の形状を縦に使って、桔梗のひと叢をのびやかに描いている。

おそらく制作当初から扇に仕立てることは意図していなかったとみられ、通常の扇画面に比べて、画面いっぱいに大胆な構図をみることができる。

花弁や花芯の入念な描き込み、茎や葉の速筆など練達した筆使いと濃淡の配色により、小画面を心地よく落ち着いた作品としている。

清澄かつユニークな作品である。

 

 

白拍子 図 解説

 

本図は、平安末期から鎌倉時代にかけ、歌舞を生業とする遊女の白拍子の舞姿を写したものである。

白い直垂、朱の長袴をまとい、立烏帽子に白鞘巻の飾り太刀をはく凛々しい男装の佳人は、源義経との訣別を強いられ、鶴岡八幡宮で頼朝・政子を前に「しづやしづや賤のをだまき繰り返し昔を今になすよしもがな」と恋慕の舞に耽る静御前と察せられる。

薄墨を使った筆法は神技に至り、北斎の為一年代(六十一歳から七十代前半)の秀作美人画といえる。

なお、この絵は、明治年代にヨーロッパに渡り、フランス、スイス等を経て、昭和六十一年に当館の蔵品となった。

 

 

二美人 図 解説

 

二人の遊女を取り合わせて描く一図である。立ち姿と座す姿の女性のしなやかなしぐさ、宗理期時代の瓜実顔を特徴とした美人図である。

同じ題の重文であるMOA美術館蔵品と同じ構図で描かれている。四十代半ばの享和年間に制作されたものと考えられる。

北斎は三十歳代末から五十歳代にいたるまで、こうした美人図を描き続けた。

 

 

富士越龍 図 解説

 

北斎晩年の肉筆画の代表作の一つ。雄大な富士峰を超えて、龍が昇天する図柄である。

全体に墨絵の筆致で描かれ、北斎独特の幾何学的山容の富士、黒雲を呼び伴い昇天する龍に自らをなぞられる北斎最晩年の心象とみることも可能な一幅である。

この幅、落款に出生の宝暦十年とともに、嘉永二己酉年正月辰ノ日と記されており、絶筆に極めて近い制作になるものとしても注目される。

掛軸

販売価格:¥16,000

在庫状態 : 在庫有り
  • 商品No. : PO-006
  • タイプ : オリジナル商品
  • 素材 : 最高級 本表装 美術掛軸
  • サイズ(cm) : 152.0×46.5(軸込み)
  • 図柄 : 桔梗 / 白拍子 / 二美人 / 富士越龍
  • メール便 : 不可
オプションを指定してください。
図柄
数量