• BO-003-12
  • BO-003-12

第十二集  2020年(令和2年)3月20日発行 ◇口絵  「北斎最晩年の絵と落款」  「上町祭屋台天井絵女浪図裏書」「冨嶽三十六景 信州諏訪湖」「中台八葉院」  「七小町」  「二美人」「弌連塔」 ◇『北斎研究所 研究紀要 第十二集』に寄せて      …………………………市村 次夫 1 ◇研究論文  北斎は「真正(ほんもの)の画工」だった      …………………………金田 功子 4   ――北斎晩年の健康調査より――  北斎筆の小布施祭屋台天井絵がなぜ陰陽説の浪図か      …………………………竹内  隆 33   ――小布施皇大神宮と諏訪神社の祭礼から考える――  髙井鴻山が踏査した古墳      …………………………市村 勝巳 52   ――地域史研究への思い――  日本・長野県・小布施町における訪日外国人の観光動向      …………………………市川 正夫 73   ――北斎館を例に――  デジタル技術を用いた絵画検証      …………………………中山 幸洋 91   ――北斎館所蔵「七小町」をもとに―― ◇令和元年度展覧会報告 …………………………荒井 美礼 101 ◇「北斎研究所 研究紀要」総目次………… 106 ◇編集後記……………………………………… 110

【試し読み】中山幸洋「デジタル技術を用いた絵画検証」

試し読みページへ

北斎研究所発行 北斎研究紀要 十二集

販売価格:¥1,000

在庫状態 : 在庫有り
  • サイズ : A4版 本編110ページ
  • タイプ : オリジナル商品
  • メール便 : 可 ※2冊以上は不可
  • 商品No. : BO-003-12
  • 素材 : 並製本
数量

北斎研究所発行 北斎研究紀要 十二集

¥1,000

購入はこちら

メールマガジン登録e-mail newsletter

北斎館からの葛飾北斎に関する特集記事、限定キャンペーンなどの情報配信を受け取りませんか?