• 2020_03_03
  • 2020_03_03
  • 2020_03_03
  • 2020_03_03

靴の中敷き、インソールに北斎が描いた上町祭屋台天井絵「男浪」「女浪」をデザインしました。右足に「男浪」、左足に「女浪」を配しています。鮮やかな蒼と重厚な色彩は、普段意識することのない靴の内側を強烈に演出します。



ご使用の際は、型枠から外してご使用いただきますが、インソールそのものがデザイン化されているので、そのまま鑑賞に利用することもできます。



柔らかなクッションが靴底全体を包み込み、衝撃を吸収して足の負担を軽減します。商品にはサイズの型紙が入っていますので靴に合わせてカットし、ご利用ください。(フリーサイズ24.0cm~27.0cm)




上町祭屋台天井絵「怒涛図 男浪・女浪」について

 

弘化2年(1845)、小布施を訪れた葛飾北斎は、上町祭屋台の天井絵「男浪」「女浪」の2面を制作しました。両図とも砕け散る波頭、逆巻く大波、大海の荒々しさが見事に表現されています。

【北斎館オリジナル】北斎インソール「怒涛図 男浪・女浪」(男性用)

販売価格:¥2,800

在庫状態 : 在庫有り
  • サイズ : フリーサイズ24.0cm~27.0cm
  • メール便 : 不可
数量

【北斎館オリジナル】北斎インソール「怒涛図 男浪・女浪」(男性用)

¥2,800

購入はこちら