竜図・鳳凰図
天保十五年(1844)、北斎85歳の時、小布施に来遊の折、約半年を費やして東町祭屋台の天井絵「龍」「鳳凰」図を描いた。燃えるような紅の地に龍図、暗い藍を基調とした鳳凰図は対極をなし、中国の陰陽思想に基づいたその明暗が舞台の装飾効果を高めている。