概要
東町祭屋台

記録によるとこの屋台は文化二年(1805)に再建されたもので、小布施に現存する七基の祭屋台のうち最も古い歴史をもつ。

当時の小布施村民の意向を受けた高井鴻山の依頼に基づき制作され、天井の一部を改造して、龍、鳳凰の二図が収められた。

この東町屋台は長野県宝に指定されている。