特別展開催のおしらせ

究極の富士図 富嶽百景の世界

【会期】
2018年1月26日(金)~3月26日(月)

【開館時間】
午前9時~午後5時
※ 入館は閉館時間の30分前まで

【入館料】
大人1,000円、高校生700円、中学生以下無料

【休館日】
会期中無休


江戸時代、人々の間では、富士山を神として信仰する富士信仰が盛んになりました。

それを背景に、錦絵「富嶽三十六景」を刊行した北斎でしたが、当時それが大人気を博し、社会現象にまでなりました。

北斎は「富嶽三十六景」の制作の際、三十六図の他に十枚足して四十六図描いていますが、それでも描き足りず、テーマをたくさん持っていた北斎は、精力的に富士山を題材にした絵を描き続けました。それが今回展示する『富嶽百景』です。

この『富嶽百景』は、天保5年(1834年)に初編が刊行されてから、二編、三編と出版された、当時大変人気を博した絵本です。

 

「富嶽三十六景」では、東海道や甲斐国(山梨県)を中心にさまざまな名所の風景や暮らしなどを主題にしました。

今回展示する『富嶽百景』では、「富嶽三十六景」の発想をさらにふくらませてあり、富士山信仰や文学にまつわる題材を中心に、北斎独自の奇抜な発想などさまざまなイメージも盛り込まれています。

この展覧会では『富嶽百景』全102点の中から厳選した40点をご紹介いたします。

北斎がライフワークとして描いた富士山の集大成である『富嶽百景』をぜひご覧ください。