平成26年度 秋の企画展

kikaku-201409「秋の館蔵肉筆名作選」

【会期】平成26年9月11日(木)~11月24日(月)

午前9時~午後5時30分(11月3日まで)
午前9時~午後5時(11月4日から)

入館料:大人500円、高校生300円、中学生以下無料

 

 

 


1階第三展示室(肉筆展示室)

「秋の館蔵肉筆名作選」

116_hks葛飾北斎は花鳥画・人物画・風景画のジャンルを問わず、さまざまな画題の肉筆画を残しました。

「渡船山水」は北斎88歳の風景画です。
日本の絵師が好んで描いた山水画をテーマに、神秘的な山河の風景の中に二艘の舟がゆっくりと進んでいます。

「日新除魔」は晩年、北斎が日課として毎日描き続けたと伝わる獅子や獅子舞の作品群です。獅子の動きやその表情、獅子舞の躍動感が北斎の筆遣いを通して、伝わってきます。

今回は当館所蔵の肉筆画より選りすぐりの作品を紹介します。

 

 


1階第一展示室(企画展示室)

「富士と鳥瞰図―冨嶽三十六景名作選と名所一覧図―」

059_hks葛飾北斎は、大空を飛ぶ鳥が見たような俯瞰した構図の鳥瞰図をいくつか手がけています。
そこには東海道や木曽路(中山道)、果ては中国大陸などの山河や地名に至るまで細かく描写しております。

あわせて代表作「冨嶽三十六景」より選りすぐりの作品を紹介します。