HOKUSAI新聞 2016秋号vol.30

HOKUSAI新聞 2016秋号vol.30更新しました。

HOKUSAI新聞 2016秋号vol.30

北斎館開館40周年を記念して、 肉筆浮世絵のコレクションで有名な 故 氏家武雄氏が集めた作品のなかから 傑作50点を展示します。

ここではさらに選りすぐりの6点をご紹介します。

http://hokusai-kan.com/w/p2607

HOKUSAI新聞 2016夏号vol.29

HOKUSAI新聞 2016夏号vol.29更新しました。

news_29

昔は小布施の皇大神社で「祇園祭」という夏祭りがあって、小布施の町中をたくさんの祭屋台が練り出し、大変にぎわいました。

全部で7基あった祭屋台のうち、2基が北斎館に収められています。今回はそのうちの東町祭屋台を大解剖します。

http://hokusai-kan.com/w/p2417

HOKUSAI新聞 2016G.W号vol.28

HOKUSAI新聞 2016G.W号vol.28更新しました。

hokusai_vol28Banner_1

北斎館は今年、開館40周年をむかえます。

これを記念して、今号から館の収蔵展示のなかでも特に見応えのある東町と上町の祭屋台を紹介します。

北斎先生が手がけた迫力満点の天井絵のほか、彫刻や縁絵など、見どころを大解剖してお届けします。

http://hokusai-kan.com/w/p2361

HOKUSAI新聞 2015冬休み号vol.26

HOKUSAI新聞 2015冬休み号vol.26更新しました。

hokusai_vol26Banner_01

北斎先生は代表作である「冨嶽三十六景」ほか、たくさんの「風景画」を描きました。

先生が描く風景画といえば、やはり富士山でしょう。

版画だけでなく、数多く残る肉筆画のうち、今号では富士山の描かれた風景画に注目します。

http://hokusai-kan.com/w/?page_id=2224

HOKUSAI新聞 2015S.W号vol.25

HOKUSAI新聞 2015S.W号vol.25更新しました。

HOKUSAI新聞 2015S.W号vol.25

現在、北斎館では、アメリカ・シカゴの日本美術収集家ロジャー・ウェストン氏が集めた千点以上の作品の中から、50人を超える絵師たちによる約130点の肉筆浮世絵を展覧しています。

今号ではいくつかの作品をとおして、肉筆浮世絵の美と、浮世絵がどのように発展し、江戸社会にどのような影響を与えたかを見ていきます。

http://hokusai-kan.com/w/?page_id=2012