冨嶽三十六景展

冨嶽三十六景「凱風快晴」

冨嶽三十六景「凱風快晴」「赤富士」とも呼ばれる「凱風快晴」は、「神奈川沖浪裏」とともに葛飾北斎先生の最高傑作として世界的に知られた浮世絵です。

「凱風快晴」を含む北斎先生の版画シリーズ「冨嶽三十六景」は、ダイナミックな構図と、たとえばこの作品では夏から秋に移り変わる早朝の富士山に見られる朝焼け、バックには鰯雲・・・というように、時間や季節、天気に焦点をあてた点においても、当時のヨーロッパ印象派の人々を驚嘆させました。


 富士山 世界文化遺産登録記念
「冨嶽三十六景展」

甲州伊沢暁2013年6月22日、富士山がユネスコの世界文化遺産に登録されました。

登録の正式名称「富士山─信仰の対象と芸術の源泉」のとおり、日本人は古来から富士山を霊山として崇め親しむとともに、文芸や美術の源として多くの作品を残しました。

百八十年くらい前、さまざまな富士山を描いて、今でも世界の人々を魅了させてやまないのが葛飾北斎先生です!!


logo_14-08


こんな構図、考えてみたことあるかい?

冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏北斎先生の「冨嶽三十六景」は浮世絵に風景画という新境地を開き、19世紀のフランスの印象派の画家や音楽家たちに創作のインスピレーションを与えた記念碑的版画シリーズです。

右の絵「神奈川沖浪裏」は、外国では「ザ・グレイト・ウエーブ」と呼ばれるように、荒れ狂う大波と波間に翻弄される数隻の舟とその彼方の富士山が印象的な構図の作品です。

 

『富嶽百景』(落款) 前北斎為一改画狂老人卍筆
北斎先生は『富嶽百景』の跋文(あとがき)に、じぶんは「六才」くらいから絵を描くのが好きで・・・「七十三才」にしてようやく動物や植物などを正しく描けるようになった。

「百有十歳」まで生きれば思うように描けるだろうから長寿を願う、と書いています。

 


 北斎先生の手紙

北斎先生の手紙

右は北斎先生が「小布施の旦那様」と呼んだ高井鴻山にあてた手紙です。文章のところどころにイラストみたいな絵が描かれているのが分かりますか?

絵を描くことが〝三度の飯より好き〟でユーモア精神にあふれた北斎先生は手紙にも絵を入れずにいられなかったようです。
受け取った人も思わず笑みをこぼしたことでしょう。

①人がおじぎをしている様子
②お酒を飲む様子
③三人の頭(後ろ姿)

手紙の内容(略):皇孫勝(現在北斎館に収蔵されている祭屋台の像)が今日けずり上がりました。
関係者でお祝いさせていただきたいので、よろしくお願いします。旦那様へ

北斎先生に手紙を書こう!

北斎先生に手紙を書こう!

送り先/〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施485
一般財団法人 北斎館「イラスト入り手紙」係 宛
締め切り/第1回締め切り:平成25年8月31日(土)
発  表/次回のHOKUSAI新聞秋号(9月発行予定)にて

優秀作品(5名)には北斎館から記念品をプレゼントします!